愛犬家住宅

Feature 特集「愛犬家住宅の実例」
Housing design to live with dogs

主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編


設計:愛犬家住宅コーディネーター:熊谷 香織(認定番号:090401616)

長女ボストンテリアのぷくちゃん

こんにちは(^。^)
今日の主人公のご紹介です。
長野県飯田市の愛犬家住宅コーディネーター、熊谷香織さんの長女ボストンテリアのぷくちゃん。

次女ボクサーのもちゃちゃん。

次女ボクサーのもちゃちゃん。


今日もご機嫌で元気に過ごしてます。
ぷくちゃんともちゃちゃんは、ママと一緒に出勤します。
もちろんご飯も事務所でいただきます。
今日のご飯はなんだろう^^
でも、二人がご飯を食べるところはキッチンの片隅で、スタッフも通るから水飲みボールを蹴飛ばしてしまったり、掃除機に引っかけてしまったり。。。

そんなことって、結構頻繁に起こっているのではないでしょうか。
というわけで、今日は愛犬の食事何処をプチアイデアでスッキリと使いやすくするお話です。

熊谷さんが食事何処の工夫をしてくれる前は、キッチンの床にフードボールや水飲みボールを置いて使っていました。忙しい時に限って、足を引っかけて水をこぼしてしまったり、掃除機を引っかけてしまったりで、イライラすることがあったそうです。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

そこで考えたのは、ご自宅のトイレスペースの応用編です。
対面キッチンの背面側に食器棚として使っている、下段が引き出しになっているキャビネットがあります。
写真は、上段がオープン棚になっている同型の引き出しが入った状態のものです。
この引き出しを取り出して、食事何処&水飲み場を作りました。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

こんな感じに出来上がりました(^▽^)/
普段は水飲みボールが置いてあります。
足元がスッキリして、ぷくちゃんともちゃちゃんの水飲みボールがひっくり返ることもなくなりました。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

はじめは、そのまま食事スペースにしたのですが、奥行きがあり過ぎでちょっと食べにくそう。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

そこで、手前をご飯スペースにして、奥はご飯やおやつの在庫のストックスペースにしました。
食べているフードボールが奥まで行かなくなったので、食べやすくなったそうです。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

水飲みは、二人共有で使っているのです。
ぷく姉ちゃん、お先にどうぞ…とはもちゃちゃんの優しさでしょうかwww


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

そして、抜いた引き出しもきちんと有効利用しています!
もったいない!と思った熊谷さんは、底板にキャスターを取り付けて、ルミナスラックにはめ込んでみました。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

意外とサイズもぴったりで、ルミナスラックの使い勝手も良くなりました。
ポイント!!家具を選ぶとき、モジュールを意識して選択すると、後々便利なこともありますね。



【おまけのアイデア】
フードボールを置く台。犬の体高の半分くらいが食べやすい高さだと言われています。
犬用にフードボールスタンドも市販されていますよね。熊谷家では、これを使っています(^。^)


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

園芸用の鉢置きです!アイアン仕様なので、見た目にもおしゃれな感じで気に入って使っています。
by熊谷香織

たしかに!市販されているものも種類は多くなってきましたが、サイズまでが豊富とは言い難いかもしれません。
園芸用の鉢置きにまで選択肢を広げることができると、ますますニーズに叶ったものを見つけることが出来ますね。


主婦の知恵!面倒くさいの削減計画 食事編

今日も二人で仲良くお食事タイムを満喫中です(^。^)



今回のご紹介は長野県飯田市の熊谷香織さんのご紹介です。
愛犬家住宅コーディネーターの熊谷さんは、住宅のことばかりではなく、犬に関する様々な知識もお持ちです。

ページトップ