愛犬家住宅

Housing Lab with dogs 愛犬と幸せに暮らす「住まいのラボラトリー」
Share for dogs

「愛犬の立場」と「人の立場」

愛犬と暮らす住まいは、人の立場で考えるだけでなく、愛犬の立場になって考えることが大切です。

愛犬は、私たち人間より長い時間を、そして、一生涯の大半の時間を家の中で過ごしています。大切な家族である愛犬。しかし、愛犬は私たち人間とは異なる個性の持ち主であり、人間にとって住みやすい家が必ずしも愛犬にとって住みやすいとは限りません。

愛犬の立場で考える


POINT1
足腰に負担のない床

滑る床や段差は愛犬の足腰に負担を与えます。愛犬の生活環境は、滑りにくく、段差のない床にし、快適に歩けるように気をつけてあげたいものです。


POINT2
安全な生活空間

ケガ、ヤケド、感電、誤飲など、愛犬にとって危険はないでしょうか。落下など危険のある場所には冊を設置。コンセントを高い位置に設けたり、コード類は露出させない工夫を。危険なものは上手に隠し、近寄らせないように。収納を充実させ、すっきりと暮らすようにすれば、愛犬も快適に行動できます。


POINT3
快適な空気環境

愛犬の生活空間は、愛犬にとって適切な温度に。また、湿度の高い環境や乾燥のしすぎにも注意。暑い時期には熱中症になる危険もあります。空気環境は、皮膚トラブルの原因にもなるので気をつけてあげたいものです。


POINT4
ストレスのない環境

愛犬が安心して過ごせる専用の居場所をつくってあげれば、精神的にも落ち着いて生活することができます。外の音に反応してしまうコも、防音性能の高い住まいにしてあげればストレスを軽減してあげられます。例えば、既存の窓に内窓を取り付けることで、防音性や断熱性を高めることもできるといった製品もあります。


「愛犬の立場」と「人の立場」

人の立場で考える

POINT1
キズ・汚れの悩み

特に床は、キズや汚れに強く、掃除のしやすい素材を選ぶことがポイント。愛犬の触れる高さまでの壁は、上下で張り替えて取り替えやすくしたり、キズや汚れに強い腰壁を設けるなどの工夫を。


POINT2
気になるニオイ

住んでいる人には分からなくても、お客様には感じるニオイもあります。空気の流れを考えて犬のトイレを設置したり、掃除のしやすい住環境にし、清潔さを保ちやすいようにしたいもの。空気をキレイにしてくれる機器を設置したり、ニオイを軽減する建材を採用するのも効果的です。


POINT3
近隣への配慮

外部からの音や動きに反応して吠えないように、防音や目隠しなどの工夫を。また、抜け毛やニオイの飛散などにも注意したいものですね。


POINT4
エコ&快適な暮らし

お留守番の間も冷暖房と照明などの光熱費がかかるのが愛犬との暮らし。住まいの断熱性能を高めたり、効率的なエネルギー機器の使用、マイホーム発電などによって環境への負荷を減らし、光熱費を抑えることもできます。


「愛犬の立場」と「人の立場」

「愛犬の立場」と「人の立場」

ページトップ